Biography

屋野 晴香

兵庫県立西宮高等学校音楽科及び東京芸術大学音楽学部卒業。ウィーン国立音楽大学ピアノ室内楽科に留学、同大学・同大学院ともに最優秀首席で修了。修士号を取得。さらにポストグラデュエイト課程にて研鑽を積む他、ウィーン大学修士課程で音楽学を専攻。学術的研究にも意欲的に取り組む。

ウィーン楽友協会主催の若手演奏家シリーズ”Young Musicians”に抜擢され、楽友協会ホールにリサイタルデビューした他、ヨーロッパ各地でリサイタルに招聘され演奏。室内楽では、Dora Schwarzberg, Herbert Kefer /Artis Quartett, Rudolf Leopold各氏とも共演。フルート・チェロ・ピアノのトリオ” Trio Prisma Vienna” を2013年に結成し、ウィーン国立音楽大学主催コンサートシリーズ”Klang Pause”、作曲家Joseph Haydnの最後の住居”Haydnhaus”でのリサイタルシリーズ”Junge Talente”(ウィーン市文化局Basis.Kultur.Wien及びウィーン市美術館博物館局Wien Museum共同主催)に推薦を受け出演。同トリオでECMAヨーロピアン室内楽アカデミーのオーディションに合格し2016年より参加、研鑽を積む。Best of ECMA Ensemblesに選出され演奏会に出演した他、2017年には演奏がオーストリア国営放送ORFにてラジオ放送された。

第4回 “Youth Academy Award” 国際コンクール(イタリア) ピアノソロ部門 第3位、 第12回”Don Vincenzo Vitti” 国際コンクール(イタリア)室内楽部門にて、ヴァイオリンとのデュオで優勝。 第6回”Euterpe ”国際コンクール ソロピアノ部門 第2位。2015年第5回 “Andrea Baldi 国際コンクール”第1位、Circolo della Musica Bolognaの招聘により、イタリア・ボローニャにてソロリサイタルを行う。 

2017年より全日本ピアノ指導者協会ピティナ「ピアノ・ステップ」にてステップアドバイザーを務める。

2018年度あいおいニッセイ同和損保ザ・フェニックスホール「フェニックス・エヴォリューション・シリーズ」に選出され、ソロリサイタルを開催。

これまでにピアノを片岡みどり、岡田敦子、植田定和、Avedis Kouyoumdjian, Theresa Leopold, Paul Gulda各氏に、室内楽をJohannes Meissl, Gottlieb Johannes Pokorny 各氏、歌曲伴奏をDavid Lutz、器楽伴奏法をHerbert Rüdisser各氏に師事。

オフィシャルサイト:www.haruka-yano.com